いつまでたったら初心者水槽

初心者をこじらせたyanboの水草水槽 軌跡と成功(予定)

風雲!太地町 クジラに会おう①

年をとるとやりたいことや行きたいところが少なくなる、お客さんが言うにはね

いろいろ経験した人生の熟練者は食べたいものもすぐには思いつかないって

まだまだ若輩者の初心者級には、まだまだ探せばやりたいことがある

さぁ!yanbo隊長と、いざ竜神池へ、いざ悪魔の館へ!

 

 

     

ということで今夏最後の旅行先は和歌山県は太地町、大阪からは特急で3時間ほど

いよいよ夢が叶うのかと胸躍る…

人生のうちに見てみたいのは建造物ではなく大きなモノだ

探せば他にもあるのかもだけど、オーロラとクジラ、これは見たい

さぁこいザトウ、でてこいマッコウ

 

 

     

ホエールウオッチングは早朝なので、本日はクジラの浜公園

こちらはくじらの博物館

 

 

     

でかいじゃないか…

 

 

     

ふむふむ、勉強になるやん…

 

 

     

こう考えると、魚類と哺乳類の違いをおいといてもイルカはでっかいな

 

 

     

クジラももちろん人間と同じ哺乳類なので、頸椎は7つ

キリンさんと一緒やな!

 

 

     

これ、可動性あるんかな…

目が前についていて獲物を探してたヒトと違うから…

クジラの足といっしょで、名残みたいなもんかな?

 

     

くじらの博物館内に、ちょっとした水族館があります

そうそう!ここに来たかったんだよー

 

 

     

白いハナゴンドウアルビノバンドウイルカが出迎えてくれる

いいね!これは本当にいいね!!

 

 

     

まぁ、他はあんまり大きな変わりはないかな…

ウツボがいっぱいいます、お土産屋さんにも調理されていっぱいいます…

 

 

     

全然混雑してなかったのでじっくり見れます

9月ともなるとシーズンではないのか、それとも…

 

 

     

そう、台風が来てるんだよね…

本体は関東の南にあるんだけど、波はうねってるとのこと…

船は出るらしいけど結構揺れるよ、と現地の方々

写真はホタテウミヘビという名前だけどウナギみたいな子

 

 

     

あ、コバンザメや!

この子だけの水槽ってあんま見ぃへんもんな

脳天が本当に小判みたいなんやなぁ

 

 

     

大きい魚がいない場合はそこがべスポジですか!?

 

 

     

これはゾウリエビ

 

 

     

小さい水槽もいくつかあって、癒されるねー

クロホシイシモチとアミメハギという魚だそうです

 

 

     

海水もええなぁ…なんか選択肢が広いというか、色とりどりというか…

写真には…見えるかな…

タカクラタツというタツノオトシゴと、ヨウジウオという細長い魚

イソカサゴと、実は下に隠れてるダイナンギンポ

海水、ええなぁ…

 

 

     

(おまえなにしにきてん)

 

 

     

アミメノコギリガザミにダメ出し食らったところで今夜の記録はここまで

さっき帰阪したんだけど、まだ船に乗ってるようで酔ったまんま

船って二日酔いするんかな…

 

(次回クジラに会えたのか!? 乞うご期待!)