いつまでたったら初心者水槽

初心者をこじらせたyanboの水草水槽 軌跡と成功(予定)

レイアウト構想をはじめます(懲りない)

やっぱり、準備段階が一番楽しいのかもしれない

プラモデルで言えば、組み立ててるときだろうか

想定する完成図がうまくいってれば、完成してからも楽しいんだろう

初心者級の水景はね…脳内補正がハンパないから…

 

     

鬼嫁様にもう一台水槽が欲しいと言ったら玉砕された玄関水草水槽

玄関は寒いのう…1週間もあればガラス壁面に緑藻がちらほら

 

     

緑色の髭コケはどんどん猛威を振ってる気がしますね

龍王石を引き上げたこととはたぶん、無関係だと思う

 

     

いやぁ、いらいらするね…

特に人工物の硬いところに生えるんかしらん!?

 

     

耐圧チューブにもびっしり生えそろってきてます…

もうこれは仕方ないんだろな、と

3月末の講演が終わったらリセットしてやるのだから、ヒヒヒ

 

     

ゲロゲロー

排出口の髭コケは、水から上がるとこんなにキモイ…

外して洗おうか…でもキモいよなぁ…寒いよなぁ

 

     

龍王石がなくなってぽっかり空いてるところを見て考える

いつもいつも、時間が経過したら髭コケが蔓延してきてリセットを考える

この繰り返しが何だか嫌になる

髭コケが生えにくい、というかコケがあんまり増えないような環境にしたいもんだが

 

     

水草がなければ水中の栄養素をとってくれないからコケも生えやすいけど

そもそも水草があるからコケも出るわけであって

ソイルが富栄養になるからといって、なければ水草の育成が初心者級には難しく

生長がはやい水草を入れても管理できないし(しかも生長が滞るし)

生長が遅いの入れても、コケにやられてく

 

     

換水しながらどうしたもんかと悩む

だいたい悩みの質がよくわからんのだな

単にうまくいかないけど、かといって管理を上達させようという努力が少ない

だから前景でやたらとクリプトコリネアクセルロディが増えまくってるのだ

 

     

まぁ、仕方ないな、初心者級だからちょっとずつ上手くなろうや

ということで、以前に色紙で作った水槽の寸法の上に物をおいて遊びましょう

 

     

40にもなったおっさんが、何して遊んでんだか…

仕事の息抜きだよ、息抜き…

 

     

せっかく背の高い流木なので、三角構図?に挑戦したいもんだ

今度は、水草は少なめにしよう…前景草はちょっと懲りた

前景は、化粧砂を敷いて何も生やさないようにしようかな

クリプトコリネアクセルロディとブリクサショートリーフはそのまま持ち越して

後景草はもうちょっと頼れるやつを探したい

適当に組み立てながらあれこれ思案する

なんにしても、鬼嫁様が帰ってきたら崩して隅っこに隠しとかないと…

 

(ネットサーフィンならぬ、チャームサーフィンもしとかないとね…し、仕事が進まねぇ)

5キロの鈍器を押収

つい、カッとなったんです(平常運転)

いや、5キロもあるんなら取りやしませんでした(だいたい知ってた)

反省してるので、しっかり足洗います(ではなく石を)

なので、鬼嫁様、見逃してください…(コタツで眺めるのを)

 

     

ということでいつも通り、週1回の換水しましょう

あまり手を入れる暇がないけど、荒れ放題の水景を見てるとうずうずする

仕事が終わるまで我慢我慢…

 

      

我慢できませんでした

おや…水槽の様子が…

 

     

取っちまったよ、龍王石…

でも問題は取ったことよりも、取ったところで水景の印象が変わらないことやな

こんなにたくさん入ってても、水景に影響を与えないとはこれ如何に

 

     

約5㎏か…頭に落ちてきたら大ケガやな

これ以上石を増やすのはやっぱり考えものである

 

     

こんなにいっぱい入ってましたね!

次はもう少し、石が良く見えるレイアウトにしましょう(戒め)

 

     

んー、こうやって並べると高さのありすぎる流木を買ったのがよくわかる

でも単純な脳みそなので、適当に並べるだけでも夢が広がる!

 

      

ということで、恒例行事の混浴です

しっかり洗って、パソコンの前に並べてニヤニヤしながら仕事しましょうね!

 

(最近はコタツで仕事なので、当然、嫁様には怒られますね 5キロだよ5キロ!)

上手く手を抜きたいけど、腕は足りない

忙しいからといっても手を抜いてはいけないペットの飼育

見栄えとしてのレイアウトは、まぁ手を抜いていいかな?

「レイアウト管理は、生体管理や水槽内生態系の維持のためにも必要です」

で、ですよね…足りないのはセンスだけじゃなかったっすね…

 

     

忙しくても換水だけは当然、やります玄関水草水槽

換水だけなので当然、無法地帯化しているのだ

 

     

クリプトコリネアクセルロディってこんなに広がっていくんやね…

クリプトコリネって生長はゆっくりかと思ってたけど、種類によるんやのう

 

     

どうなってるのかわからないけど、水槽後ろの方にまで葉を出している

地中根がブリクサショートリーフの根の間を縫っていってるんだろうか?

リセットするまでにクリプトコリネアクセルロディの森になってるかも

 

     

ストレーナーの黒髭コケも気になるけど、ブリクサショートリーフが抜けてきてるのが心配

生長も悪いし、葉が溶けていってる

根がやられてるのか後方のソイルがつぶれてるのか、ちょっと引っ張るだけでこれ

 

     

忙しさにかまけてる場合じゃないかもしれんなぁ

1週間するだけで水位も結構下がる、冬の方が乾燥するからかな?

 

     

全く生長してないのはドワーフフロッグビット

ここにきてようやく水中の富栄養が改善した?緑藻が減って、黒髭コケが出始めてるしね

増え続けるクリプトコリネアクセルロディのおかげか、はたまたソイルの栄養素がなくなってきたのか

 

     

リセットしたらまた緑藻増えるんやろなぁ…と考えながらやられてる水草だけ取り除いていく

こんな管理でリセットまでなんとかなるもんかなぁ、いろいろ問題出てきてる気がする

もちっとクリプトコリネ剪定しよかな…でも緑藻減ったしなぁ、と考えがまとまらない

 

ということで放置気味でなんとも言えない水景やから、レイアウトは変えたい

レイアウト変えようと思ったら、要領が悪いのでまとまった時間が欲しい

ところが講演準備(というほどたいしたものでもない)は3月分4月分と増えていく

この間購入した流木を眺めながら、パソコンをカタカタやってるわけである

はぁ…寒さのせいにするか

 

(いっそのこと、流木と石をパソコンの横に置いて仕事するとか…)

多忙?につき、放置気味…

マーフィーの法則だったっけ?忙しいときにさらに忙しくなる

やりたいことがあるときに限って、やらなきゃいけないことが増えるみたいな

 

仕事が何だか慌ただしくなってきて…え?

サッカーですか?見てません、まったく!仕事してます!!

 

     

なんだか忙しくなってきて軽めに放置気味の玄関水草水槽

3月のレイアウト変更に向けていろいろ考えたいんだけど、4月くらいまで忙しそうだ…

 

     

困ったなぁ…放置気味のせいか黒髭コケは徐々に増えてきてます

わかりにくいけども硬いチューブ類は黒髭が並んでいます

あ、うちではバリスネリアナナの縦生長はこれくらいが限界かもしれない

 

     

雑草感がハンパないのはまぁいいとしても、この前景はどうだろう

もうめちゃくちゃなんだよなぁ

気になると仕事も進まないから、いっそのこと忙しさが増えてく前にリセットするか?

 

     

クリプトコリネアクセルロディにも黒髭コケが咲いてきてる

そういえばフィルターも掃除してないなぁ…

 

     

アクセルロディの葉先の黒髭コケをチョキチョキやってると手がつりそうで仕方ない

前から使ってるニッソーのトリミングハサミ…なんかガタついてきてるんだよな

切れ味も悪くなっててこやつも買い換えたいな

 

     

となると、やっぱりチャームサーフィンをしなければならないわけで

新規レイアウトに必要なものもカートに入れてしまいたいわけだ

そしてチャーム便が届いたらリセット作業をするわけなので

その前にはグズグズであってもレイアウト構想をするから

仕事ができないじゃんかってことだな

 

ということで、まずは仕事をある程度済ませてしまおう

で、余裕がありそうなら新規レイアウトをちゃんと考えてチャームサーフィンする

で、仕事が一段落したらリセット作業

さて、それまで水槽環境は大丈夫かいのう…

 

(換水は欠かさずするけど、荒れてく記録になりそうだ…)

レイアウト構想の法則はブレミング

もともとレイアウト構想は、初心者を越えるレベルでブレている

脳内イメージと実際に作ってみたものでは、もちろんブレっブレやし

そもそも構想もないままに、勢いで構成要素を準備してしまう 

ようするに衝動買いした結果が現在であり未来である、これがブレる法則である

 

     

新年が明けても心の晴れない玄関水草水槽

雑草感がパないですね…石組み水槽やったっけ?

 

     

ガラス壁面の緑藻は減ってきたけど、徐々に黒髭コケがでてきてます

チューブなどの硬めのもの、クリプトコリネアクセルロディの葉先に多くついてる

 

     

ここにきてやっとバリスネリアナナが縦伸びてますね!遅い、遅すぎるんだよ…

 

     

何が遅いって、前景を散々ランナーで埋め尽くしてからの生長やかんね

生態として、隙間があればそこに伸びるのが妥当なんやろな

密集して植えておくべきなのか、行き場がないように他の水草を配置すればいいのか

 

     

それはまた次のレイアウトで考えよっか、水草も物色中やしね

新しいレイアウトをどうするか悩んでいて、やっぱり石組みかなと考えてもいるけど

何かこう、大きめのをぶっこんでー、存在感?を出したいと思う(何言ってんだ、コイツ)

で、大きな石をあれこれ物色してても、当然重いし高価じゃのう

 

     

で、何を思ったか何を閃いたのか

でっかい流木なら石より軽いし安いじゃないかと!

なんのイメージもないままに、フレミングの法則みたいな流木を衝動買い

 

     

いままで水槽にいれたものの中で一番巨大になりそうだ…

ビールを3本縦に並べるとこう

 

     

水槽の前に置いてみるとこう…すでに先端は水面に届きそう

てことは、底砂の上に置いたら先っぽは水上に出るわけだ

吊り下げ式のLEDがやっと意味を成しそうだぁ

しかし…どうやって石を置いて、どの水草をどこに置いたらいいんじゃろうか…

 

(春まで楽しく悩みます、これがアクアリウムの楽しみだよね!)

換水はじめ

当然だが、年末年始だろうが生き物を放置してはいけない

しかしなぜだろう、手をかけない方がいいこともあるのかもしれない

特に、初心者級の手ってのは頻回に水の中に入れない方がいいのか

え…?まさか、手にコケでもついてるとか

 

     

帰国してから徐々に現実に引き戻されてるyanbo-wに追い打ちをかける玄関水草水槽

あーあー、さすがに旅行と挨拶回りとかで2週間ほども放置すればボーボーにもなる

てか、諦め半分で換水くらいしかしてなかったけども

 

     

ちょっと白とびしてしまったけども、やたらと立派なクリプトコリネアクセルロディ

やっぱり、うちの水槽サイズだと君は後景草なんやろうね…

わかりにくいけども、前に這い出てきたバリスネリアナナが縦に伸びてきてます!

そうそう、君は後景草だからね、だけど水槽の前面で後景草化するのはいかがなものか

 

     

誰かが飲んだんじゃないかってくらい水位も下がっております…

意外だったのは、壁面緑藻や黒髭コケは増えてないこと

アオミドロは後方に少し溜まってる程度で、放置したからといってコケは増えてないのだ

 

     

バリスネリアナナはやたらとランナーを伸ばしまくって、水景は雑草感が高まってる

しかし…コケ増えてないなぁ、あんまり触らない方がいいのやろうか

 

     

とは思うものの、あまりに立派なクリプトコリネアクセルロディのせいで水槽の中が見えない

クリプトコリネは株?根?が傷つかなければ適当に切っても大丈夫そうなので、バッサリいきましょう!

 

     

バッサリいったねぇ…

本当に大丈夫かな、黒髭コケだらけになったりして?

バッサリいくと、バリスネリアナナが節操なく伸びてきてるのがよくわかる

もっときれいに後景してくれないもんか

 

     

あちこちに点在してたイルカの置物を整理して、新年一発目の換水を終了

さぁ、春に向けてレイアウトを考えようか!

資金的に制限があるので、大半はうちにあるものでやらないと

化粧砂は採り入れたいなー

 

(ベランダビオトープ?え?なんのことかな…)

あけおめ go!豪!水族館!!

あけましておめでとうございます、今年は奮発してしまいました

しかし懸念されるのは、さらに物欲が煽られやしないかということ

ただでさえ年末年始旅行は金がかかるのに…yanbo-wの財布はとっくにゼロよ!

でも、海水モノがいいんじゃぁ…

 

     

今年は奮発して年末年始を海外で過ごすことにしたyanbo-w一家

富裕層ではないので財布がヤバい、アクアリウム用品を買えなくなるじゃないか

さて、出迎えてくれた空港にはアクアな絵画である

そうここは…

 

    

やってきましたオーストラリアはケアンズです!わー蝙蝠がいっぱいらー

あんまり海外旅行は好きではない(飛行機7時間とかしんどいです)ので、これが最後かも…

 

    

嫁さんはヨーロッパ推しだけど、おっさんと小学生男子の意見が勝った模様

移動の多さと観光だけの旅行では、体と気持ちが持たないのだ

この子は5mだか6mだかのワニのジャック、有名なワニだそうな

 

    

ワニだかカンガルーだかはどうでもいいのだ!これが目当てなのだ

グレートバリアリーフ!…のグリーン島とぽんつーん?

ぽんつーんってのは浮桟橋、人工島のように浮いてある船…という感じ

バリアリーフと言えばサンゴ礁からの熱帯魚まみれなのだ

 

     

見よ!この眼下に広がるサンゴ礁を…うーん、わからん…

半潜水艦で撮ったらこんな感じだけど、実際に見た感じでは別世界ですごかったです

シュノーケリングもしてみたけど、これはアクアリストなら一度はご覧あれって感じでおススメ

ま、残念ながらうまく撮れた写真は一枚もないので思い出に残しましょう

ただ、時間的制約もあってたくさん見れなかったので消化不良もありますので!

 

     

2年前にオープンした、ケアンズ水族館!お前のところに来たかったんだよ!

さすがに出来たばかりなのできれいだけど、1日遊べるほど大きくはありません

 

    

ちなみに、横に併設されてるレストラン『アクアルナ』では大きな水槽の横で食事できます

海外ってこともあって、気分は高まるのう

 

    

ただ、残念ながら関西弁以外は堪能ではないyanbo-wさんは魚の名前がわからない

でもいいのだ、雰囲気でいいのだ

オーストラリア本場の魚と本場のレイアウトがいいんだよー

ちなみに、この水槽はバロン川かな?の水槽です

 

     

おわー、ええやんけー!

この水族館には、魚だけじゃなくて川辺に生息するヘビやトカゲなども展示されています

写真に撮れなかったけど、ウミヘビははじめて見たので感動しました…

 

     

キレイなエビが結構いたんだよね!しかも結構でかい

この子はRed-Claw Crayfish、ようするにザリガニである

 

     

この愛くるしい子は、Giant Jungle Prawn

ようするにエビである

 

     

こいつの名前なんやったけ…なんたらshrimp

ようするにエビである

 

     

これはlobster、うちの息子の顔よりでっかい

ようするに海のザリガニである

 

     

英語って難しいなぁ…エビだけでたくさん言い方あるんだから

このカニも顔よりでかい、オーストラリアサイズやのう

 

    

という感じで、英語がわからんくてもかなり楽しめます

写真中央は川のモンスター、ノコギリザメ…だと思う

 

    

よくわからんでも大丈夫大丈夫、独りで行ってたら半日はいれたね

観光やお土産優先の嫁様もいるので滞在は2時間ほどでしたが…

 

    

わかりにくいけど、ゲンゴロウ

オーストラリアにも昆虫館ってあるのかな?

 

    

大水槽もかなりいい感じですぞ!

水族館に行ったのが開館の朝9時だったので人も少なくて堪能できました

 

最高や…熱帯魚の大きさで水槽の大きさがわかるやろうか

あぁ…海水水槽を家に置きたいよ…

 

     

これはナンヨウハギ水槽…ナンヨウハギがめっちゃ泳いでます

あぁ…こんなけでっかい水槽を置いてハギまみれにしたい…

 

    

最後に、見た中で一番気に入ったのがこの子!

5cmないくらいで、どこにも説明が書いてなかったんだけど

ターコイズブルーに黄色いドット!おいおい、惚れてまうやろー!

この子、名前なんて言うんでしょうね…

 

    

ということで、水族館報告は以上です

是非とも行ってほしい!でも、オーストラリアの観光地はたっくさんあるそうな

ウルルだってゴールドコーストだって、てなもんだ

ちなみに、ケアンズには幻の幸せの青い蝶、ユリシスが生息しているそうです

絶滅の危機にもあったこの蝶を見つけると幸せになるそうな…

やった!見つけたーーって思ったけど、この蝶(和名:オオルリアゲハ)は裏側は黒いらしい

なので、この蝶は幻の蝶とは違うんだろうけど、まぁ、珍しいので幸せな気分です

 

   

あぁ、よかったよかった

帰国してからも挨拶回りとかで忙しくて、この記事書くだけで数日かかっちゃった

当然、旅行中と帰ってからも水槽はほぼ放置なので…

次回、つらい現実を目の当たりにするのでしたとさ

 

(あー!海水水槽が欲しい!今なら嫁さんの理解も得られるか、も?)